St. Louis Roll セントルイス・ロール

St. Louis Roll セントルイス・ロール

普通の高校生だった筆者がややアメリカナイズされた米国での大学生活の思い出と、現在。これまでとこれから。

8日目🇪🇸山の上でブラックマドンナにご挨拶

スペイン3日目は、バルセロナから足を伸ばしてモンセラートに行ってまいりました🚌

ロンドン観光の際にも利用したVeltraというオンラインサイトで予約したツアーです。ツアー中の言語は英語、参加者はわたしを含めて6人でした。別のツアー会社が日本語で同じような行程のツアーを催行していますが、そちらの方が価格がやや高くなっています。わたしが参加したもののリンクがこちらです。 

https://www.veltra.com/jp/europe/spain/barcelona/a/18769

前日のタイトスケジュールでちょっぴりお疲れモードだった5月17日の1日のスケジュールがこちら。

 

9:00 カタルーニャ広場集合
10:00? コロニア・グエル教会などのあたりをウォーキングツアー
11:00 ロープウェイの駅に到着
11:30 学校案内と合唱団の説明
13:00 エスラニア(少年聖歌隊のコーラス)鑑賞
13:30 ブラックマドンナ、モンセラート修道院見学
14:00 昼食
15:00 モンセラートの散策
カタルーニャ広場で解散
21:00 ホステルで夕食

(歩いた距離: 9km、歩数: 13169歩)

 

・コロニア・グエル教会

ロープウェイの駅へと向かう道すがら、バスから降りてガイドさんと一緒に見学してまわった箇所がいくつかありました。こちらはまたまたガウディが手がけた建築物、コロニア・グエル教会です。

f:id:itsasuka:20180729080325j:plain f:id:itsasuka:20180729080345j:plainf:id:itsasuka:20180729080549j:plain グエル公園にも名を残す、グエル伯爵の従業員たちのために建設が始まったこの教会ですが、サグラダ・ファミリアの建設に専念するために未完成のままになってしまいました。3枚目の写真は唯一完成した聖堂です。こちらに置かれている椅子は、前日に見たものたちと同じように座面が体に沿うようなつくりになっているだけでなく隣の人とおしゃべりせずに牧師さんの話に集中できる方向に自然と身体が向くようになっているそうです。

 

f:id:itsasuka:20180729080425j:plain 松ぼっくりから着想を得たらしい、ステンドグラス。特別に開けて見せてくださいました。確かに松ぼっくりのおしり部分を上から見た形と似ています。羽を大きく広げた蝶のようにも見えませんか?他の建築物の雰囲気とは少し違い、原色やビビッドカラーが多く使われています。

 

f:id:itsasuka:20180729080611j:plain ガイドさんが町の歴史を話してくださったのですが、メモにとっていなかったため3ヶ月ほどたった現在はもう思い出せません…たくさんの血が流れた争いが過去にあったとか、二つの民族が存在していたものの片方はその言語を使うことを禁止されていたとか(おそらくスペイン語カタロニア語)、この銅像に掘られた文字からもその歴史が事実としてわかるとか、そのような内容でした。文字はある言語で書かれているのですが、そこに後から文字を足して違う言語に変えた形跡があるのです。説明が不十分であまり伝わっていなかったらごめんなさい💦

 

f:id:itsasuka:20180729080824j:plain ここから列車に乗って山を登って行きます。

f:id:itsasuka:20180729080944j:plain 車窓からの景色がとても綺麗でした。

 

・少年聖歌隊

彼らが通う学校の内部も案内していただきました。ツアーのこの部分はバスに一緒に乗ってきた方ではなく、学校で英語を教えているというアメリカ人の方によって行われました。基本的に普通の小学校と大きく違うところはなく、過ごしやすそうな環境でした。子供達は平日は学校で寝泊まりするものの週末は家に帰れるそうです。

f:id:itsasuka:20180803191808j:plain 少年聖歌隊の出番を待つ人々。わたしたちツアー参加者は一般とは別に用意された脇のスペースから鑑賞しました。

 

・ブラック・マドンナ

f:id:itsasuka:20180826015003j:plain 日本語では黒いマリア像です。不思議なパワーを感じる、厳粛な雰囲気をもたらす像でした。アメリカにいる間、日曜に教会に行ったり聖書の勉強会に参加したりして自分の中でのキリスト教への理解が以前より深まってきているとはいえ、わたしは自分自身をクリスチャンだと考えていません。なので、そんなわたしがマリア像と対面しても良いのかしらとも思ったのですが、気を引き締めてご挨拶してきました。

(記事の投稿時はパソコンのバッテリー切れで写真データにアクセスできなかったため、日本時間26日午前2時、写真を追加いたしました💦)

 

・昼食

f:id:itsasuka:20180811221107j:image パン、ソーセージ、じゃがいも、それにクリームブリュレで15€でした(!)観光地価格ですね…😅

 

・モンセラートの山並み

1週間強の間、朝早くから夜遅くまで毎日観光してまわっていたわたしは連日寝不足だったようで、ちょうど昼食の頃から頭痛が😣本当は自由時間に博物館を見たり辺りをもっと探検したりしたかったのですが、そんな気力も元気もありませんでした💦なので、ただ美しい山々の景色をずっと眺めていました。

f:id:itsasuka:20180803185242j:plain f:id:itsasuka:20180803185245j:plain


吸い込まれるような雄大な自然です。緑を眺めているうちに徐々に頭痛も治まってきて、景色をバックに写真を取れるくらいには回復しました😜

f:id:itsasuka:20180803185432j:plain

 

駅で解散後、サングラスを買いたくて周辺のショッピングビルをのぞいたのですが、気にいるものは見つかりませんでした。その後は地下鉄でホステルの最寄りまで戻ってスーパーで買い物。夕食に生ハム、モッツァレラチーズなどの食材を調達しました。日本で買うよりも安かったです👀ホステルには宿泊者用にビスケットやナッツなどの軽いおやつも用意されていたので、それも合わせて食べてその日は早めに就寝しました😪

 

これで、バルセロナ編は終了です。前回の記事を投稿してからかなり時間があいてしまいました。待っていてくださった方がいらしたら、すみません🙇‍♀️

夏休みも終わりに近づいてきたのでアルバイトのない日も出かけることが多く、時間がないと言い訳して更新が延び延びに…学校が始まるとますます忙しくはなるのですが、時間がかかっても必ず記事を書き続けますので、気長に更新を待って読んでくださったら嬉しいです。

新しい記事を投稿する時にLINEでお知らせしていますので、よろしければお友達登録をお願いします😌それではまた次の記事まで。次回はマドリード編の前に小休憩として、普段アメリカで生活するわたしの日本での夏休みの過ごし方についてです。

 

なお、前回の記事を加筆修正して更新しました。すでに読んでくださった方も是非もう一度目を通してくださいね👀



🌸セントルイス・ロールをLINE友達登録していただくと、記事を更新した際にお知らせが届きます。ボタンを押して、ぜひお友達になってください☺️🌸

友だち追加

 

🌸スクロールして右上のボタンからブログの購読・下記のリンクからInstagramのフォローができるので、是非お願いします😌🌸

www.instagram.com

友だち追加