St. Louis Roll セントルイス・ロール

St. Louis Roll セントルイス・ロール

普通の高校生だった筆者がややアメリカナイズされた米国での大学生活の思い出と、現在。これまでとこれから。

2日目🇬🇧記録がなくても記憶に残ることってありますよね

ロンドン2日目、ウィンザー城・バース・ストーンヘンジをまわったバスツアーについてです。予約にはVeltraというオンラインサイトを使用しました。英語で開催されるツアーだったからか、参加者の中に日本人はわたし1人だけでした。催行会社はEvan Evans、記載されている価格は105ポンドでしたがクレジットカードの決済を見ると日本円で請求されていました。少々お高めですがわたしは満足できました。ご興味を持たれた方のためにリンクを貼っておきますね😉 https://www.veltra.com/jp/europe/uk/london/a/7303

 

一日の流れはこんな感じでした。
7時45分集合、8時出発
10時前 ウィンザー城到着
12時半か13時ごろ バースへ向けて出発
おそらく1時間ほどでバースに到着、見学に与えられた時間は1時間くらい?
16時ごろ(?) ストーンヘンジ到着、観光に1〜2時間
18時ごろ ストーンヘンジ出発、19時過ぎにヴィクトリア駅で解散 ⇦ここまでがツアー
20時ごろまでツアーで仲良くなったオーストラリアからのバックパッカーの方とプライマークで買い物
白身魚のフライを挟んだサンドイッチとフライドポテト(厳密にはフィッシュ&チップスではない)をテイクアウトして食べる
24時ごろ おしゃべりを楽しんだ後、自分のホステルへ帰る

(歩いた距離: 13.8km、歩数:20294歩)

 

ウィンザー
他にもツアーでいらしている方が大勢いたためか、入場するまでに長い列に並ぶ必要がありました。その際わたしと同じように一人旅で来ている3人と出会い、待っている間暇なのは皆一緒なので自然と軽いおしゃべりが始まりました。その中で話が弾んだオーストラリアの方とそのままの流れで一緒に見学することに。一人旅ならではの"風景と一緒に写真を撮りたい時は通りすがりの人に撮影を頼まなくてはならない"問題も、その日はなしですみました(笑)
細部までこだわり抜かれた豪華な装飾はとても見応えがあり、オーディオガイドの説明でその装飾品の背景を知るとまたさらに深い味わいがありました。火事が起きたことがあるという広間も見たのですが、きれいに修復されておりとてもそうは見えませんでした。残念ながら内部での写真撮影は禁止されているのですが、どこを見てもきらびやかで美しかったです。写真が全くないので詳細には思い出せませんが、一つ一つの部屋をまわる度にその美しさに感動して息を飲んだ記憶だけはしっかりあります😌外観もまたおとぎ話に出てくるザ・お城という感じで素敵だったので、そちらの写真を載せますね。

f:id:itsasuka:20180628013252j:image f:id:itsasuka:20180628113501j:plain  f:id:itsasuka:20180628113652j:plain  f:id:itsasuka:20180628013307j:imagef:id:itsasuka:20180628013313j:image ロンドンに行かれるご予定の方はぜひ一度足を運ばれることをお勧めします😊わたしが実際に観光できた時間はおそらく2時間もなく随分駆け足で見ることになってしまったのですが、ゆっくり時間をとって見ていただきたい素敵なところでした💓

・バース
こちらは、わたしの想像とはちょっぴり違っていたのですが興味深い場所でした。以下はわたしが撮った写真ですが、実際に行くまではわたしの中ではもう少し広くて大きなイメージだったのです。とはいえ、プールではなくお風呂なのですからそう考えるとかなり大きいですよね。

f:id:itsasuka:20180628013336j:image f:id:itsasuka:20180628013345j:image
ローマの浴場の歴史について学べる展示もたくさんあり、とても面白かったです。高い位の人達がお風呂からあがって召使いがタオルを渡している描写が展示の中にあったのですが、相手は服を着ていて自分は裸という状況は恥ずかしくないのかしらと思ってしまいました😅少なくとも当時そんなことを思う人は誰もいなかったことでしょう…

ストーンヘンジ

こちらも勝手に頭の中でもっと大きなものを想像していたのですが、囲いの外から見ると案外小さいなんて思ってしまったり。でもよく考えたら大昔にこれほど大きな岩を積み上げるって相当大変なことですよね。もっと近くで見られたら良いのになぁなんてワガママ思ってしまいました。

f:id:itsasuka:20180628114402j:plain f:id:itsasuka:20180628013518j:image 

f:id:itsasuka:20180628114548j:plain 草原を吹き抜ける風がとても寒かったのを覚えています…。4月の終わりからセントルイスは急に暑くなって27度前後の日が続いていた中荷造りをしたため夏物しかパッキングせず、思いの外寒かったロンドンでわたしはぶるぶる震えていました😦笑 あたりが開けていて風を遮るものがないので、びゅうびゅう風が吹きます。夏でも羽織ものをお忘れなく!笑

・プライマーク
イギリス発祥のファストファッションブランドで、お手頃価格で知られています。日本でいうとGUのような存在でしょうか?
とにかくストーンヘンジで寒くてたまらなかったわたしはツアー中に服を買いたいという話をしており、仲良くなったオーストラリアの方と一緒にツアー後に買い物に行くことに。
ハリーポッターモチーフの洋服やファッション小物も豊富にあって、値段も高くないのでお土産にもぴったりです。わたしは自分用に2着、お土産で弟に1着買いました👕どれも10ポンド前後です。購入した服はさっそく翌日から着ているので、それらの写真はおいおい載せていきますね👀

 

さて、長くなりましたがいかがでしたか?盛りだくさんの1日だったので記事も長くなってしまったのですが、楽しんで読んでいただけていたら嬉しいです☺️それではまた次の記事まで、次回はハリーポッタースタジオツアーについてです。

 

 

🌸セントルイス・ロールをLINE友達登録していただくと、記事を更新した際にお知らせが届きます。ボタンを押して、ぜひお友達になってください☺️🌸

友だち追加

 

🌸スクロールして右上のボタンからブログの購読・下記のリンクからInstagramのフォローができるので、是非お願いします😌🌸

www.instagram.com

友だち追加