St. Louis Roll セントルイス・ロール

St. Louis Roll セントルイス・ロール

普通の高校生だった筆者がややアメリカナイズされた米国での大学生活の思い出と、現在。これまでとこれから。

初日🇬🇧黒と緑の魔女の魅力

携帯電話のSIMカード購入から始まったロンドン1日目(イギリスだけでなく、ヨーロッパの他の国でも4G回線が使えるプランにしたので旅行中快適でした👏)

 

無事にインターネットが使えるようになったあとは、ホステルに荷物を預けてロンドン留学中だった中高の後輩と会って彼女が通う大学を外からちらっと見てきました。
そして徒歩圏内にあった大英博物館へと向かったものの、食事をとっていなかったわたしはまるで顔が濡れたアンパンマンのように力が出なかったので(笑)、こちらも早足でみることにしました🏛そのあとはホステルに帰って時差ボケを調整するために昼寝、腹ごしらえをしてからウィキッドを鑑賞して1日目は終了です。

(歩いた距離:15.9km、歩数:23268歩)

 

大英博物館
白い壁がとても印象的でした。せめて有名な展示物だけでも…と思い、ローマ時代の装飾品のコーナーやエジプト関連の展示などをみてきました。疲れ切っていたのか、ほとんど写真も撮っていませんでした💦

f:id:itsasuka:20180625234504j:image
 f:id:itsasuka:20180625234500j:image   f:id:itsasuka:20180625234508j:image
無料で入場できるので気軽に訪れることが出来て良いですね☺️

 

・カフェで食べたエッグベネディクト 

f:id:itsasuka:20180625234630j:image

 

ウィキッド観劇
アポロヴィクトリアシアターで上演されているミュージカル、ウィキッド。劇中歌はほとんど全て知っていて、特にDefying Gravity(邦題:自由を求めて)やFor Good(あなたを忘れない)が大好きで、是非生で聴いてみたいと思ったのです😳

(余談ですが、わたしはある友人と2人でカラオケに行く時は必ずFor Goodをデュエットします😂高校生の頃からずっと彼女がエルファバ、わたしがグリンダのパートです。)

 

座席は当日の数時間前にオンラインで予約しました。残っている中で一番値段が安かった(40ポンドくらい)、一階中央あたり端から2番目の席からの目線がこちら。

f:id:itsasuka:20180625234740j:image 

曲が大好きといっておきながら恥ずかしいのですが、ミュージカル自体は10年以上前にユニバーサルスタジオジャパンでみたような記憶があるだけで、きちんと観たことはありませんでした。終わってみると、オズの魔法使いとの繋がりもしっかり見えて、点と点が繋がって線になったような感覚でした。
なにより、生でDefying Gravityを聴いた時の感動といったら…全身が震えるような鳥肌が立って心がとても熱くなりました。特に中盤から終盤にかけての歌詞がとても素敵なので、ご存知でない方は是非この機会に聴いてみてください。
https://youtu.be/IXzFOHrycHg

 

最後に、終演後にスタッフの方にお願いして舞台を背景に撮っていただいた写真と劇場の外観の写真を😳💗

f:id:itsasuka:20180625234847j:image      f:id:itsasuka:20180625234852j:image

 

次回は、ウィンザー城・バース・ストーンヘンジのバスツアーについてです。ここでは一人旅ならではの出会いと交流もあり、旅行全体の中でもかなり印象深い日だったのでぜひ読んでいただきたいです😊それでは、また次の記事まで。

 

 

🌸セントルイス・ロールをLINE友達登録していただくと、記事を更新した際にお知らせが届きます。ボタンを押して、ぜひお友達になってください☺️🌸

友だち追加

 

🌸スクロールして右上のボタンからブログの購読・下記のリンクからInstagramのフォローができるので、是非お願いします😌🌸

www.instagram.com

友だち追加